So-net無料ブログ作成

二楽亭へようこそ![されどバナナ、なれどバナナ」 その8 [小説]

第8話

電車のドアが開いた途端、
3人はそっと最後尾の車両から抜け出していく。
中ほどの車両に乗っていると報告をうけている敵が車両に乗り込むのと
入れ違いになるように飛び出したので、
少しは時間がかせげるはずと判断したが、
バレるのは時間の問題だ。
ホームから路線に飛び降り、
脱兎のごとく線路を横断すると、
フェンスを乗り越え、
街中の雑踏の中へ紛れ込んだ。
バナナを会場に届けるためには、
迂回するにしても最終的には東に向かう選択肢しか選べない。
そう言う意味で、
伊豆半島の根元にある熱海は、
東は海、
西が山になっており、
海岸線を南北に走る熱海海岸自動車道と
その少し山側を走る国道135号線以外は、
港で船に乗るか険しい山道を行くしか手がない。
当然、港や山道にはすでに人を配してあり、
蟻のはい出る隙間もなかった。
だが、海岸へそそぐ初川添いに海に向かうと、
ビーチの警備は比較的手薄で、
三人は即座に泳ぐという選択肢をチョイスした。
「あいつら、おれらが河童だってこと忘れてるんじゃないか?」
そう言うコクリュウに、
「罠なんじゃねえの?」
と慎重論を唱えるアラマサ。
それにオオゼキが同調した。
「罠…だろうな…。
だが、山道じゃあどうしようもないが、
水の中なら俺たちに利がある」
オオゼキはそう言いながら
バナナが海水に濡れないようにパッキングする。
「熱海の沖は流れは早いといっても、
激流育ちの俺たちなら大丈夫だ。
まずは小田原を目指す、
そう弾正台に伝えて134号線沿いの拠点に増援を乞え」
周りを見回して、安全を確かめると、
「行くぞ」
と指で合図して海に向かって走りだした。
いざとなったら川伝いに海に逃げられるように、
初川の横を下る道を疾走するオオゼキたちは、
もう少しで海という場所まできたところで、
外国人観光客の団体に道を塞がれてしまった。
ほぼ老人な団体で歩きが遅い上、
人数が多いのでなかなか列が途切れず、
海のある道の向こう側へ渡ることができない。
そのときふと、
団体客なのに、
誰もしゃっべていないことに不穏な空気を感じたオオゼキは、
「川に降りる! 急げ」
というとオオザキたちの真横を流れる初川に降りて浅い川の中を走り出した。
其の途端、
団体客たちがカバンの中からそれぞれ拳銃を取り出すと、
オオザキたちに向かって発砲し始めた。
「クソっ! やはり待ち伏せか」
なんとか弾をよけていたものの、
多勢に無勢、しかも拳銃を容赦なく撃ってくるので、
さすがの河童たちもだんだんと動きが鈍ってくる。
(もう少しで海なんだが…)
「ここは俺にまかせろ! お前たち、
なんとしても雨林23号を音音さまにとどけるんだ!」
「だけど、オオゼキさん…」
「行けっ! 俺ひとりの方が動きやすい!」
懐から拳銃を取り出して言うと、
ふたりの背中を押す。
161007i1 のコピー.jpg
「分かりましたっっ! ご武運を!」
ふたりが走りだすと、、
防御に徹しながらその場に踏みとどまったオオゼキは、
海に向かおうとする敵を
自在に伸びる手を使って、次から次へ引きずり倒していく。
(これならなんとか逃げ切れそうか…)
そう思ったオオゼキをあざ笑うかのように
初川の流れ込む先の海面が急に盛り上がり、
数本の触手が姿を現した。
「しまったっ! コクリュウとアラマサが危ない!」
掴んでいた敵を敵集団に向かって投げ飛ばすと
ふたりの後を追おうとするが、
いつの間にか幾重にも陣を張られ、
分厚い壁になって、海へと向かうことができない。
「くそっ! どけえっ!」
苛立ったオオゼキの怒声だけが、橋の下でむなしく残響していた。

つづく

二楽亭へようこそ![されどバナナ、なれどバナナ」 その7 [小説]

第7話

たっぷり礼金をせしめたナベシマに駅まで送ってもらった一行は、
ちょうどやってきた東京行きの特急・踊り子号に乗り込むことができた。
「この分だと余裕で間に合うが、
片瀬江ノ島への到着時間を調べて、
ガードの本部に連絡いれておけ」
指示しながら、車両内をそれとなく見回していたクボタは、
駅の改札にいた二人組が自分たちの斜め後ろの席に乗り込んでいるのに気が付いた。
しばらくして、スマホをいじりはじめたのを見たクボタは、
「ちょっとトイレ行ってくるから、
車内販売のおねえさん来たら、
ビール買っとけ」
席を立って、こちら側を向いている二人組の方へ歩き出し、
その横で振り返ると、指で2本のサインを2度出しながら、
「ぬるくなるから、ひとり2本だけ買えよ」
と言って再び歩き出したと思った途端、
その二人組の窓側に座ってた方の首にヘッドロックをかける。
一瞬驚いて後手に回った通路側に座っている方へ、
コクリュウとアラマサがとびかかると、両手両足を抑え込んだ。
「よし、よくやったぞ。そのまま椅子に縛り付けとけ」
そう言っておいて、すでに落ちて気を失っている、
男の懐から拳銃を見つけると、
腰の後ろに突っ込んだ。
「クラークの手下か? と聞いてうんと言われても、
はいそうですかと信じるわけにもいかんのでな…」
もう一人の懐に呑まれていた銃を回収すると、
男が取り落とした携帯端末を拾いあげて、
内容を調べていく。
SNSの内容は一定時間を過ぎると消去する仕様になっているらしく、
5分以上前の内容は失われていたが、
残っているメッセージから、
こいつらの仲間が熱海で乗り込んでくるのは間違いないようだった。
「一番後ろの車両に移動するぞ」
特急列車に乗ったのが仇となり、
もう熱海まで旅程で途中駅には止まらない。
最終手段として、列車を急停車させるという手もあるにはあるが、
あとで掛かる経費を考えると、
音音が烈火のごとく怒るのが目に見えているので、
恐ろしくてとてもできない…。

つづく

二楽亭へようこそ![されどバナナ、なれどバナナ」 その5 [小説]

管理人 桂木 萌です。
もうしわけありません。
間違えて6話を先に公開してしまいました。
こちらが第5話になります。

大船駅から14時台の特急踊り子号に乗り込んだ
オオゼキ以下3名は、
駅弁の名店・大船軒で鯵の押し寿司とカップ酒を買いこんで、
すっかり物見遊山を決めこんでいた。
「バナナをもらいに行くのに3人もいらんとは思うんだが、
ボックス席を自由席で気兼ねなく使うには最低3名は
必要だからなぁ…コクリュウ、アラマサ、お前らも食え食え」
押し寿司を包んでいる紐をぶちきると
びりびりとぞんざいに包装紙をやぶって
ふたりに差し出す。
「いただきます」
鯵に少ししょうゆをたらして食べ始めたふたりに、
カップ酒を渡そうとすると、
「オオゼキさん、さすがに勤務中に酒は…」
と言って受け取ろうとしない。
「…はいそうですか。じゃあいいよ、
俺だけでひとりさびしく宴会しますよ…」
すっかりへそ曲げモードにはいったオオゼキは
カップ酒を一機にあおって、
窓際に並べていたカップの日本酒を右から順に飲み干していく。
辻堂、茅ヶ崎、平塚を過ぎる間も飲み続け、
大磯に着いたころにはガーガーといびきをかいて眠ってしまった。
若い世代では酒離れが進むと言われるものの、
もともと酒好きな河童たちだけに、
まだ窓際に残っているカップ酒を見ているうちに我慢できなくなり、
コクリュウが手を出すと、アラマサもいっしょになって飲み始めた。
目的地のある熱川に付くころには、
3杯目も飲み終わり、
ふたりともすっかり出来上がっていたが、
熱川到着のアナウンスが流れるとさすがに任務を思い出し、
爆睡していたオオゼキを無理やり起こして、
乗り過ごすことなく、なんとか下車に成功した。
タクシーに乗り込み行き先を告げると、
「え? 歩いてすぐよ?」
とドライバーに言われるものの、
半分寝ているオオゼキを運ぶのが面倒で、
「とにかくバナナ食べたいんで、お願いします」
と言うとドライバーは、
「あっ!? バナナね!
じゃあ本園じゃなくて別園の方がいいね。承知しました」
と言って車を出した。
とはいえ別館もそれほど遠くは無く、
すぐにワナナバニ園に着いた一行は、
ワンメータ分の代金を支払うとタクシーを降りた。
大人3人分のチケットを購入し、
あてどなくバナナを探して歩き始めたものの、
順路通りに園内を歩いて行くと、
すぐにバナナがたくさん生えている温室に行き当たった。
「あっ、バナナってあんな風に反り返って生えるんですね」
「へー、俺も初めて見た」
コクリュウとアラマサが上を見上げて呆けていると、
「ひょおお! 危ないっ!」
と叫んだオオゼキがふたりをどついて突き飛ばすと、
自分はコンパクトに回転してなんとか受身をとることに成功した。
「な、なにするんですかっ!」
突き飛ばされれ怒ったふたりだったが、
瞬時に我に返った。
ふたりが居た場所には、刀身に十字架を刻んだナイフが突き立っていたのだ。

つづく