So-net無料ブログ作成

二楽亭へようこそ!「されどバナナ、なれどバナナ」 その2 [小説]

冷凍、というと、
先日のかき氷事件で行方をくらました雪ンバが記憶に新しいが、
あの事件の裁判で、
道楽チェーン側は有能な弁護士を雇い、
現世(うつしよ)にあるに雪ンバ一族の財産の一切合切を、
損害賠償金と慰謝料として支払わせたばかりなので、
かなり大がかりな資金繰りが必要な今回の件とは関係ないと音音は判断した。
とはいえ、連中に面(メン)の割れているキザクラでは、
万が一のとき心配なので、
今回は誰を潜入捜査に派遣しようかと悩んでいたところに現れたのが、
音音に借金があり、
西御門学園で学校用務員として働いているムジナが通りかかった。
「おや音音さん、ご無沙汰しておりやす。
景気のほうはいかがで?」
のん気に時候の挨拶をしてくるムジナに、
「ごきげんよう。
つかぬことをお聞きしますが、
あなた有休休暇は消化なさっていて?」
と聞くと、
「いえいえ、音音さんにお借りしてる金子(きんす)を、
早くお返ししたい一心で、身も世も知らず働いております」
と殊勝なことを言った。
「でしたら私の為に、
その有休をお使いにならないこと?
もちろんタダでとはもうしませんわ。
今の日当の2倍はお出ししますから、
ひとつ、バイトなさいませんこと?」
ムジナが一も二もなく飛びついたのは言うまでもない。

翌日、
音音は白のワンピースに大きな帽子を被り、
河童ガードの一人、
まだ若いタカサゴに今風の格好をさせると、
カップルよろしく横浜の倉庫街へと出かけた。
お目当ては当然<禁断バナナ>。
店の前にはもうすでに行列が出来ていて、
入店するまでに30分待ちという状態だった。
なんとかお店に入ったものの、
真夏日の炎天下は河童には酷な状況だったらしく、
人間に偽装していたとはいえ、
タカサゴの頭の皿はからからになっていたようで、
店に入った途端トイレに駆け込んでしまった。
「まったく、私を置いていくなんて、
タカサゴはボディーガード失格ですわ」
「まったくその通り…」
音音の独り言に勝手に応答して、机を挟んだ席にどっかと座ったのは、
淡いブラウンの髪を頭の両サイドでツインテールにし、
メイド服を着た中学生ぐらいの青い瞳の少女…。
160806i1 のコピー.jpg
「--タチアナ まさかここ、あなたのお店でしたの?」
彼女は、ロマノフ家の生き残りで、
日本国内の荒事(あらごと)全般を生業(なりわい)にする
ヴォスネセンスキー(キリスト昇天)鬼兵団の領袖(りょうしゅう)
タチアナ・ニコラエヴナ・ロマノヴァだった。
以前は弾正台の宿敵<第2契約者>に雇われ敵対していたが、
現在は弾正台とそれなりに良好な関係を保っている。
「あなたが居たのでは、
変装も何もあったものではありませんわ…」
ブツブツ言う音音に、
「うっ…違う…ただのアルバイト…。
最近<組>同士の抗争が激しいように見えるけど、
あれ出来レースだから、
用心棒とかの仕事はない…。
わたしらの本業は商売あがったり、
警察の監視が厳しくなっただけで、いいことなし…というわけだ」
そう言って笑ったタチアナだったが、
バストの下をきゅっと締めたハイウェストのふんわりしたジャンパースカート、
胸の大きい娘はものすごく胸が強調されるデザインの制服を着ているので、
ある種の残念感が漂っている。
「ここは時給がいいのでな。
手下どもも、バックヤードで働いてる…」
タチアナの視線の先をたどると、
屈強なスラブ系の男が段ボールを抱えて奥へと入っていくところだった。
「でしたら、先ほどから店長らしき方が、
こちらをご覧になってらっしゃるから、
早く持ち場に戻った方がよさそうですわ。
ついでだからオーダーもお願い」
そう言うと、
音音は、お店のおすすめだというバナナアラモードの紅茶セットを
リーフはキーマンをチョイスして頼んだ。
高砂は帰ってこないまま、
しばらくして運ばれてきたのは、
ティーコゼで保温されたティーポットと
バナナをふんだんに使ったバナナアラモード。
派手な見かけだけでなく内容も凝っていて、
少しラム酒を利かせたバナナプリンは、
カラメルの上からかけたグラニュー糖をバーナーで焙っており、
香ばしさと同時に食感にアクセントがある絶品だった。
さらに添えられたバナナはどれももとろけるように甘く
<鎌倉バナナ道楽>出している最高級品に勝るとも劣らない品質だった。
「これは…」
(冷凍することで細胞膜を少しだけこわした結果、
完熟、いいえ、完熟以上の風合いをだしていますわ…)
「口に合うかね? レディ・音音・化野」
突然後ろから声を掛けられても、
音音は動じる風もなく紅茶を口にした。
「バナナアラモードはすばらしいですわね。
でも紅茶はせめてセカンドフラッシュは使っていただいたいわね」
「--さすが化野家の令嬢、恐れ入る…。
私はウィリアム・スミス・クラーク。
当店のオーナーだ」
(クラーク博士とは、第二契約者どもは、
また厄介なのを復活させましたわね…)
八百万の神を奉じる弾正台と
一神教による世界制覇を目指す第二契約者は、
こう着状態にあるが敵対する関係ではある。
ボーイズ・ビー・アンビシャスで有名な
ウィリアム・スミス・クラーク博士は、
農業教育のエキスパートであるうえに、
来日する以前に南北戦争で軍務経験もあり、
油断できない相手であるのは間違いない。
ただ、「少年よ大志を抱け!」という訳は誤訳で、
本来「元気でやんな」位の定型句だったらしいことはあまり知られていない。

つづく
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

二楽亭へようこそ![されどバナナ、なれどバナナ」 その3 [小説]

「マイナス4℃で細胞膜に傷をつけるとは
考えましたわね」
苦し紛れに当てずっぽうに言ったものの、
その一言でクラークの顔色が変わったのを音音は見逃さなかった。
160810i1 のコピー.jpg
「そこはそれ、企業努力の結晶ですから、
おいそれとは教えられることではありませんな」
「じゃあ、御社の細胞膜破壊製法と
私どもの『鎌倉バナナ道楽』の営業権をかけて
バナナデザート勝負をしませんこと?」
「いいでしょう。
それでは1週間後ではどうでしょう?
場所は…」
「江の島に魯山人星岡窯を復元した
飛鳥グループの料理研究施設がありますの。
そのキッチンスタジアムではいかがかしら?」
「結構。では詳細はのちほど。
今日は存分に楽しんで行かれよ」
そう言うとクラークは店の奥に消えた。

お互いの利権をかけての
バナナデザート勝負は
一週間後の土曜の13時から行うことがきまり、
鎌倉ばなな道楽のチーフパティシエを努める
河童一族の桜花(おうか)が試行錯誤を重ねた結果、
極上のバナナクリームパイを作ることに成功していた。
ただそれには、
寒暖の差の激しい、
高度900メートルのフィリピンのプログ山周辺の高地で取れる
高級バナナ「プログ900」が必要だった。
さっそく鎌倉バナナ道楽の厨房で試食会を開き、
糖度20を越える「プログ900」の味に、
「口に入れた瞬間にとろけますわ。
クリーミィで甘いのに全然しつこくない。
これならいけますわ」
と音音たちが口々に絶賛するが、
当の桜花の顔色は冴えない。
それに気づいた音音が、
「なにか問題でも?」
と尋ねると、
「今、材料のプログ900を手配しているんですが、
もともと生産量が少ない上に
どうも例の新パナマ病にやられたようで、
手に入らないらしいんです。
それに変わるバナナもほとんど無いし、
あっても誰かが高値で押さえてしまったあとで…」
とうつむいた。
「きっと<禁断バナナ>仕業に違いありやせんぜ。
ここはひとつ荒事に出てもバナナを手にいれましょうや!」
息巻くクボタに、
「確かにわかり易い構図ですわね。
でもわかり易すぎて、
違和感がありますわ」
と音音が異を唱えた。
「音音の言うとおり。
バナナの買占めにクラークは関わってはいないわ」
そう言って厨房のドアの前に立っているのは、
例の乳ボーンな制服を着た<禁断バナナ>のメイドで、
場に一瞬緊張が走った。

つづく
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

二楽亭へようこそ!「されどバナナ、なれどバナナ」 その4 [小説]

「悪い冗談はおよしなさい!」
と音音が言うやいなや、
ボディーガードの河童たちの指先から、
アーモンドやピスタチオ、落花生なとが
メイドに向かって一斉に飛んでいき、
ビシビシと命中する。
160816i1 のコピー.jpg
「痛っ! 痛たたっ!」
ボンっと煙ったかと思うと、
そこにはメイドの姿は無く、うっそりと狢(ムジナ)が立っていた。
「ひでえな、かわいい冗談じゃないですか?
だいたいそれが危険な潜入捜査に挑む俺様に対する仕打ちですかい?」
「やかましいっ!
とっとと報告しないと、狢汁にしちまうぞ!」
普段から折り合いの悪いキザクラが、
ペティナイフに手を伸ばすのを見て貉が勢いよくしゃべり始めた。
「わわっ、今回の件、
禁断バナナは関わってないと思いやす。
今は儲かってますけど、
借金がすごくて、
クラークは返済にキューキューしてやすから」
「新宿辺りのいい借金弁護士を紹介してやろうか?」
「100万円返ってきたら家族のために使えるぞ!」
口々にまぜっかえす河童たちをよそに、
腕組みした音音が
「で? その借金先はどこ?」
と真顔で聞くと、
「それはまだ…さすがに帳簿関係は
ガードが厳しくて…引き続き調査を続行しやす」
そう神妙な顔で答えた狢は、煙とともに姿を消した。
「--となると、
なんとかして糖度20以上のバナナを手に入れないと…」
「――そうだ、バナナと言えば、
伊豆のわななバニ園にならあるかもしれない」
誰かが思い出したように言うと、
音音がすかさず反応した。
「オオゼキ、何人か連れて行っていいから、
当たってちょうだい」
「当日、20本あれば、
規定の50皿を作ることが可能です」
調理担当の桜花から必要な本数教えられると、
「合点承知の助だ」
と言ったオオゼキがばたばたと出て行った。
それを見送った音音たちも動き出す。
「こちらも大船の植物園など、
ありそうな場所を手分けしてあたってみましょう」

つづく
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: