So-net無料ブログ作成
検索選択

二楽亭へようこそ! 「ふたりの母」 その9 [小説]

おいしいものに目のない
食いしん坊な守り神・静葉ねえさまと葛葉ねえさまに
道楽グループのお店だとバレないように、
<氷極(ひょうごく)>と名を改め、
氷に乗せた牡蠣やお造り、冷製など、
氷をテーマにした高級懐石料理としてオープンした。
音音の友人で南海竜王の娘・敖環姫(ごうかんひめ)に頼んで派遣して貰った板前と
川魚を知り尽くした河童ガードの中から選ばれた板前の二枚看板で、
海川両方の幸を楽しめ、
さらにデザートに絶品かき氷が付くということで
あっという間に鎌倉セレブたち御用達の店になった。
すると向いの<美氷>も、
氷をテーマにした懐石料理店としてリニューアルした上、
海坊主とカワウソという海川二枚看板まで模倣し、
しかも微妙に値段設定が安い
<贅・美氷>という店をオープンさせてきた。
それを見て、
音音の護衛件秘書になっているオオゼキが、
「完全にライバル視されてますよっ!
それだけならまだしも、
完全にウチのパクリじゃないですかっ!」
雪親子の件を調べているキザクラに変わって、
と息巻くと、
音音は、
「まあ、ほとっきなさい。
ウチはいつも通りでいいのですわ。
裁判したって時間かかるだけで、
勝ってもウチのお店の看板に傷がつきますわ。
--お客様の舌を信じましょう」
と答えただけで、特別に何をする気もないようだった。
「こっちもなにか手を打たないと…」
焦れたオオゼキが、音音に意見しようとするところへ、
ドアのノックももどかしく、
キザクラが飛び込んできた。
「姐さん、わかりやしたぜ」
「この部屋に盗聴器はありませんから、
お話ししていただいて大丈夫ですわ」
「じゃあさっそく…向かいの店のオーナーは、
姐さんの睨(にら)んだ通り
雪子の元夫・雪夫の母親・雪ンバでした」
「………」
「労働環境は最悪ですね。
朝6時から深夜11時までの労働時間の間で食事を兼ねた休憩は合計30分。
完璧なブラック企業です。あっしがたらしこんだ情報源も…」
と言いかけたところを音音に、
「ご苦労さま。今日はゆっくり休んで頂戴」
と言われてキザクラは押し黙った。
多分事情に通じた雪女郎のひとりを籠絡(ろうらく)して、
洗いざらい話させたんだろうと思いながら、
少し考えた音音が、
河童ガードの主立った者を召集するようにオオザキに指示した。

さっそく集められた面々を前に音音が口を開く。
「明日から<贅・美氷>を兵糧攻めにしますわ。
キザクラ以下イケメン河童部隊は、
ターゲット従業員の引き抜き、渉外河童部隊は、
市場に手を回してターゲットに高級魚が手に入らないようにして。
そのために、道楽チェーン全体で高級魚を買い入れ、
原価ギリギリの高級魚フェアをすることを許します。
3日後、河童奥様連には
ランチタイムに家族ごと客として入店、
できるだけ細かい注文でオーダー、
間違いがあればクレームを入れてスタッフを混乱させて頂戴」
160402j1.jpg
一気にまくし立てた音音は、
「え、えげつな…」
という河童たちの声を賞賛と受け取ったのか、
「では明日からよろしくですわ」
と言ってニンマリと笑った。

つづく

二楽亭へようこそ! 「ふたりの母」その10 [小説]

第10話

「困りますっ! 社長はアポなしの面会はなさいませんっ!」
警護が抑えるのも聞かず、
社長室の扉がバンと開け放たれる。
制止する河童ガードを押しのけながら入ってきたのは
歳の割に派手な和装の白髪の老婆と
その息子の雪夫だった。
「あら、雪ンバさんと盆暗息子の雪夫さんじゃございませんか」
全く動じた風のない音音と目が合った途端、
怒髪天を衝く勢いで雪ンバがまくし立て始めた。
「やってくれたねっ!
雪子の差金でぜんぶお前がやったんだろうっ!」
「あらあら、一体なんのことでしょう?」
馬鹿にしたような態度の音音に雪ンバはさらに激高する。
「ウチの店への嫌がらせだよっ!」
「なにを根拠にそんなことをおっしゃるの?
まさか従業員さんが転職したり、
食材が売ってもらえなくなったり、
クレーマーが大挙して押し寄せてきたり、
空の色が青かったりするのは、
みんな私の所為などとおっしゃりませんわよね?」
「何をしらじらしいっ! 
全部お前がやったんだってことは分かってるんだ。
痛い目見たくなかったら、とっとと嫌がらせをやめさせなっ!」
今にも湯気を吹き出しそうな真っ赤な顔をして
更にすごんでくる雪ンバに、
凄みのある笑顔を向けた音音。
「おとなしく聞いてさしあげれば、
嫌がらせを止めろですって?
盗人猛々しいとはあなたのことですわ。
ネタは上がっておりますから、
もう観念なさいませ」
「なにっ!?」
「まあ、うちの店の模倣は
料理のレベルが低いので模倣ともえませんので大目に見て差し上げるとして、
問題は、雪子と雪のふたりの使ってる手足用ケアクリームを、
唐辛子成分の入ったものにすり替えさせたことですわ!」
「何を言ってるんだい?」
「唐辛子、普通の人にとってはなんでもない成分だけど、
体の内側から体を温めるカプサイシンは、
雪女族にとって内部被曝にも近い症状を起こす猛毒!
クリームを毎日使わされれば、
どんなことになるかぐらいあなたにもわかるでしょう?」
「わしがすり替えた? 
それこそ証拠がないだろう!
証拠を出せ証拠を!」
凄んで押し出してくる雪ンバから、
音音を守るように立ちふさがったキザクラが、
「おうおうおう!
黙って聞いてりゃ言いたい放題言ってくれやがって。
証拠だと? 上等だ、これを見ろいっ!」
と言うと、バッと勢い良く回転しながら着物を脱いだ。
そこには一瞬にして美女に早変わりしたキザクラがいた。
「肩のキュウリの花の刺青を忘れたたぁ言わさねえぜっ!」
「お、おまえはハザクラっ!?」
「あるときは片目の老女ウバザクラ、あるときは伝説の競馬予想師サクラオー、
またあるときは美人キャバ嬢ハザクラ、しかしてその実態は、
正義と真実の使徒・この頃はやりの男の娘河童のキザクラ様だっ!」
160409j1.jpg
「げっ…げぇっ…」
ガマガエルのようなうめき声を上げた雪夫が、
弱音を吐き始める。
「ママっ…どうしよう…ボクあのオカマガッパに
いろいろ話しちゃったよぉ」
「ゆ、雪夫ちゃん…な、何を…」
「それにほかにも…。
あああああっ…オカマ…オカマはやだよぉ…」
「まあひどい…おねえぐらいには言って欲しいわぁ」
キザクラがさらにシナをつくって雪夫にウィンクすると、
雪夫は泡をふいて卒倒してしまった。
「観念していただきましょうか?
現世(うつしよ)での妖(あやかし)総取り締まりを任された弾正台。
その膝下たる鎌倉府での悪行の数々、
まことに許しがたいですわ。
この一件、
わたくし弾正忠化野音音の名において徹底的に調べあげ、
最低でも隠岐への終生遠島、
きっと申し付けてさしあげますわ。
引っ立てなさい」
その場にがっくりと膝を落としたかに見えた雪ンバだったが、
一瞬の隙をついて河童ガードの間をすり抜けると、
廊下の窓ガラスに体ごと突っ込んでいく。
ガラスの砕け散る音とともに脱出に成功した雪ンバは、
一目散に逃げ去っていく。
「追えっ! 逃がすな!」
キザクラの号令一下、河童ガードたちが後を追っていき、
その場に卒倒した雪夫は
残った河童ガードが引きずるようにしてその場から連れ出した。
「まあ、雪ンバが捕まるのも時間の問題。
これにて一件落着ですわ!」

つづく

二楽亭へようこそ! 「ふたりの母」その11 [小説]

「雪ンバが逃げたとはいえ、
これで氷極の経営に専心できますわ」
執務室の机を前にして、
ハイバックの椅子に深く沈み込んでくつろいでいる音音のもとに、
ノックの返事ももどかしく、
バタバタとキザクラが飛び込んできた。
「姐さん、大変でさ!」
「騒々しい! 何事ですか?」
「こ、これを…」
そう言って差し出した週刊誌には、
<鎌倉発「極氷」二枚看板雪女、
雪娘・雪は、じつは男の娘の二枚舌>
という見出しが踊っていた。
「な…っ、雪が男の子?」
立ち上がって、
ざっと目を通していた音音がボスンと音を立てて椅子に腰を落とした。
「ああ……あのときの男の子…そういうことでしたか…」
そうつぶやきながら、音音はふふっと笑った。
「姐さん…終わった…完全に終わりですよ…。
雪女目当てのお客様は逃げ、
雪男の娘歓迎な大きなお友達層が押し寄せたら、
落ち着いた雰囲気を求めていた上客も離れて…」
キザクラがお店の行く末をシミュレーションして嘆いてるところへ、
ドアがノックされ、雪が部屋に入ってきた。
「…音音様、ごめんなさい…。
ボク…嘘付く気なんて…
そんなつもりじゃなかったんです…。
自分が男だってこと、何度も言おうと思ったんですけど言えなくて…。
おかあさんがひと目でボクだって分かるようにあんな格好で…。
でも、まさか、こんなことになるなんて思ってなくて…
ボク…ボク…」
泣きながら深々と頭を下げてあやまる雪に近づいた音音は、
「今回の一件はお金に目がくらんで勘違いしたわたくしのミス。
謝らなくてはいけないのはわたくしのほうですわ。
以前一度お会いしてたことも忘れていたことも含めて、
本当にごめんなさいね」
と言って頭を下げ、
雪の傍によると頭をぽんぽんしてから肩を抱いた。
「音音様……」
<コンコン>
開いたままになっているドアをノックする音が聞こえて、
そちらを見ると弾正台のTOP弾正尹(だんじょうのかみ)・那須野結繪が立っていた。
「結繪ちゃんっ! どうしてここにっ!?」
「あれだけ派手なことになれば、
偉い人の耳にも入っちゃうから、
その前に弾正台として、
雪ちゃんたちをなんとかした方がいいってQちゃんが…。
そんなわけで、事情を一番知ってる
音音はどうしたらいいと思う?」
(わたくしのミスで、事態は思った以上に悪化してますわ…。
雪たち母子が罰せられないようにするには…)
しばらく考え込んでいた音音は、おもむろに口を開いた。
「責任を取ってわたくしが弾正忠を辞め…」
音音が話すのを遮(さえぎ)って、
「私は、ふたりとも現世(うつしよ)から処払いってとこが
妥当じゃないかなって思うんだけど?」
と結繪が割合重い刑を提案するのを聞いて音音が一瞬絶句する。
「そんな…ふたりに罪は--」
そこまで口に出した音音の表情が、
周りに気付かれない程度に一瞬固くなったが、
「--永久追放ではないのであれば、妥当ですわね」
とうつむきぎみに同意した。
「じゃあQチャン先輩に
現世の一時処払いの不定期刑で手続きとるように話しとくね」
「姐さん、そりゃきつすぎるんじゃ…」
キザクラが結繪に食ってかかろうとするのを静止した音音が、
「よろしくお願いしますわ。
ふたりのことは、手続きが終わるまで、
わたくしが責任をもってお預かりしますので安心してくださいませ」
と頭を下げた。

結繪が出て行くと、
「姐さん…どうして…」
と言って音音のほうを見たキザクラがぎょっとして口ごもった。
そこには口の端を上げて目を輝かせた音音がいたのだ。
160422j1.jpg
「キザクラ、これは結繪ちゃんがくれたチャンスですわ。
四国ブロック支配人のイシヅチを呼びなさい。
イシヅチを支配人にして、
幽冥(かくりよ)に『氷極』を作りますわよっ!」

つづく