So-net無料ブログ作成

二楽亭へようこそ![されどバナナ、なれどバナナ その11 [小説]

第11話

結局バナナスィーツ勝負の行方は、
接戦ではあったものの、
バナナの芳醇な香りと濃厚な甘さで勝る雨林23号を手に入れた
音音たちの勝ちに終わった。
「コングラッチュレーション音音。
今日は素晴らしいスィーツを食べさせていただき感謝する。
これが、凍結に伴う細胞破砕を防ぎ、
食品の長期保存と食味の低下を大幅に低減することを可能にした
スーパセルライブ製法の詳細だ」
クラークから差し出された書類を素早くめくり、
内容に目を走らせた音音は、
「確かに…」
と言うと笑いながら右手を差し出した。
161119i2.jpg
ウィルス等を仕掛けられるデータではなく、
書類をくれた段階で音音はクラークに対してある種の信頼を覚えていた。
「いつまた、戦場でまみえるかもしれないが、
それまでは、よきライバルでありたい。
できれば若者が傷つき命を落とす戦争は避けたいものだ。
存外、ローマ帝国の再興は近いかもしれんよ」
音音と握手しながらそう言うと、クラークは会場を後にした。
そばで聞いていたキザクラが、
「ローマの再興って、
近々、世界帝国ができるとでもいうのか?
そりゃいくらなんでも無理ってもんだろオッサン…」
とクラークの背中を見送りながら呟いた。
「世界は混とんとしてますから、
何を契機にそうなっても不思議はないと思いますわ…」
「え?」
音音のその言葉に驚いたキザクラが思わず問い返す。
「でも…」
その問いに答えるように、
少し間をあけて音音が話し始める。
「ローマ帝国を支えたのは奴隷制の労働力。
現代はそれを肩代わりして余りある機械と産業用ロボットがありますわ。
本来それはベーシックインカムプラスアルファという対価を得ることができる。
現代版パンとサーカスが実現できるなら、
宗教の並存も可能ではないか、
と言っているような気がしますわ」
キザクラは、
自分の軽口がひっぱり出した音音の言葉が理解できず、
思わず聞き返した。
「そ…それは?」
「つまり第二契約者が、
ほかの宗教を認めるってことですわ」
そう言いながら音音は、
試合中にムジナに言われた、
”クラーク博士は乗り気ではなさそう”
という言葉のことを思い出していた。
学園側に話を通して、
しばらくの間ムジナを弾正台へ借り受けなければと音音は思った。

おわり
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0