So-net無料ブログ作成
検索選択

二楽亭へようこそ![されどバナナ、なれどバナナ その6 [小説]

第6話

「!!!」
驚くふたりが急いで迎撃の態勢を取ると、
周囲を警戒する。
「オオゼキ!
駅から園の入り口にいたるまでに張り巡らした、
我等の監視網をよくぞどうやって潜り抜けた!
だが、
知られたからにはただでは帰さんぞ!」
そう息巻く声の主は、
温室の横柱に足だけでぶら下がっている男だった。
「ナベシマ…、
バテレンガッパの貴様がいるということは,ここは…」
急にきりっとしたオオゼキの背後で、
コクリュウとアラマサが、
「普通は本園から行くもんなぁ」
「酔っ払ってたからなんていえないもんなぁ」
と声を潜めて話している.
その脇で、
ナベシマと呼ばれた河童の眷属とオオゼキは話を続けている。
「ご明察だ。
ここはすでに我々、
九州伴天連(ばてれん)河童会が占領している。とっとと帰れ」
「日本独自の大乗契約理論で神の無限の愛を説く貴様らが、
選民思想たる第二契約者に合力(ごうりき)する気か!?」
「え? なんの話だ?
われらはバナナ高騰を利用して布教資金を調達するために…」
一瞬あっけにとられたものの、
なんだ、そうかとばかりに手を打ったオオゼキが、
「じゃあ、相場の1.5倍出すから、
バナナ売ってくれ」
といきなり買い付け交渉を開始する。
「えっ!? あ、はい。
お売りします…よ。
……って、お前らバナナを奪いに来たんじゃ…?」
意表を突かれた形のナベシマは完全に毒気を抜かれていた。
「糖度20以上のバナナなら、
3倍は出すが、どうする?」
「ちょうど今開発中の雨林30号は、
糖度20越えをコンスタントに出せる新品種でございましで…」
貿易の盛んな九州にもまれた伴天連河童たちだけに、
商機には敏感なのは承知していたオオゼキだったが、
ナベシマの態度が一変したのを見て、
地獄の沙汰も金次第とはよく言ったもんだと少しあきれた。

つづく
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0