So-net無料ブログ作成

二楽亭へようこそ! 「ふたりの母」 その9 [小説]

おいしいものに目のない
食いしん坊な守り神・静葉ねえさまと葛葉ねえさまに
道楽グループのお店だとバレないように、
<氷極(ひょうごく)>と名を改め、
氷に乗せた牡蠣やお造り、冷製など、
氷をテーマにした高級懐石料理としてオープンした。
音音の友人で南海竜王の娘・敖環姫(ごうかんひめ)に頼んで派遣して貰った板前と
川魚を知り尽くした河童ガードの中から選ばれた板前の二枚看板で、
海川両方の幸を楽しめ、
さらにデザートに絶品かき氷が付くということで
あっという間に鎌倉セレブたち御用達の店になった。
すると向いの<美氷>も、
氷をテーマにした懐石料理店としてリニューアルした上、
海坊主とカワウソという海川二枚看板まで模倣し、
しかも微妙に値段設定が安い
<贅・美氷>という店をオープンさせてきた。
それを見て、
音音の護衛件秘書になっているオオゼキが、
「完全にライバル視されてますよっ!
それだけならまだしも、
完全にウチのパクリじゃないですかっ!」
雪親子の件を調べているキザクラに変わって、
と息巻くと、
音音は、
「まあ、ほとっきなさい。
ウチはいつも通りでいいのですわ。
裁判したって時間かかるだけで、
勝ってもウチのお店の看板に傷がつきますわ。
--お客様の舌を信じましょう」
と答えただけで、特別に何をする気もないようだった。
「こっちもなにか手を打たないと…」
焦れたオオゼキが、音音に意見しようとするところへ、
ドアのノックももどかしく、
キザクラが飛び込んできた。
「姐さん、わかりやしたぜ」
「この部屋に盗聴器はありませんから、
お話ししていただいて大丈夫ですわ」
「じゃあさっそく…向かいの店のオーナーは、
姐さんの睨(にら)んだ通り
雪子の元夫・雪夫の母親・雪ンバでした」
「………」
「労働環境は最悪ですね。
朝6時から深夜11時までの労働時間の間で食事を兼ねた休憩は合計30分。
完璧なブラック企業です。あっしがたらしこんだ情報源も…」
と言いかけたところを音音に、
「ご苦労さま。今日はゆっくり休んで頂戴」
と言われてキザクラは押し黙った。
多分事情に通じた雪女郎のひとりを籠絡(ろうらく)して、
洗いざらい話させたんだろうと思いながら、
少し考えた音音が、
河童ガードの主立った者を召集するようにオオザキに指示した。

さっそく集められた面々を前に音音が口を開く。
「明日から<贅・美氷>を兵糧攻めにしますわ。
キザクラ以下イケメン河童部隊は、
ターゲット従業員の引き抜き、渉外河童部隊は、
市場に手を回してターゲットに高級魚が手に入らないようにして。
そのために、道楽チェーン全体で高級魚を買い入れ、
原価ギリギリの高級魚フェアをすることを許します。
3日後、河童奥様連には
ランチタイムに家族ごと客として入店、
できるだけ細かい注文でオーダー、
間違いがあればクレームを入れてスタッフを混乱させて頂戴」
160402j1.jpg
一気にまくし立てた音音は、
「え、えげつな…」
という河童たちの声を賞賛と受け取ったのか、
「では明日からよろしくですわ」
と言ってニンマリと笑った。

つづく
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0