So-net無料ブログ作成
検索選択

二楽亭へようこそ! 「ふたりの母」その7 [小説]

そんなわけで、
河童ガードたちを大量に投入し、
鎌倉駅警察署跡地に3時間という突貫工事で特設会場が作られた。
その間に売られたチケット500枚は、
土曜日の午後ということも手伝って
あっという間にはけていった。
開場時間になると、
ぞくぞくと人が集まり、
河童ガードのひとり、玉乃光(たまのひかり)が
アナウンスと説明が流れ始める。
『さあ、まもなく始まります! 
今鎌倉小町の呼び声も高い<雪ちゃん>の
母親だと名乗りでたふたりの雪女!
いったいどちらが本物なのか、
本日この場で決まります。
みなさんのお手元のスイッチで
正しいと思ったほうのボタンを押してください!
予想が正しかったお客様の中から抽選で5名様に豪華景品があたります!
それでは、雪女さんの入場です』
アナウンスにうながされ、
白装束のふたりが、会場中央にしつらえられた舞台に登ってくる。
『それでは本日のヒロイン、雪ちゃんの登場です!』
「ボクはヒロインなんかじゃないです…」
おずおずと舞台に登ってきた雪を見て、
「雪っ!」
とふたりの母親が同時に呼びかけると、
戸惑ったように雪が下を向いてしまった。
「私がおかあさんだよ。
雪…おまえが小さいころに
どうしても現世(うつしよ)に出なくちゃならなくて…」
「雪…ごめんね。
もっと早く幽冥世(かくりよ)に帰るはずだったのに…」
同時に話しかけてくるふたりに何と答えていいかわからず、
押し黙ってしまった雪に、
会場の最前列に陣取った音音が、
「幼いころに生き別れてるし、
どちらが本当の母親かわからないのは仕方ないですわ。
でも雪、こうしていても、時間の無駄。
酷なようですが、
あなたが冷気を浴びせることでしか真偽がわかりませんの。
さあ、さっそく始めてくださいませ」
と言い放った。
舞台に河童達の念で作った透明のドームが降ろされ密封されると、
すでに事情を言い含められていた雪が、
覚悟を決めたように前を向いて冷気を出し始めた。
160216I1.jpg
すると、
一気にドーム内の温度が下がり始める。
「あ、なるほど、
凍らなかった方が雪女ってわけですか。
さすが姐さんだ」
「今頃わかったのですか?」
関心するキザクラを
音音が何か汚いものでも見るような目で見ている間にも温度は下がり続け、
バナナで釘が打てるようになるマイナス40をこえた当たりで、
右側の女がもぞもぞと動き始めた。
そしてついに耐えきれなくなって、
「な、なんだいこの子はっ!
なんでこんなに冷気が強いんだ!?
出してくれっ! いくら雪山育ちの我でも凍っちまう…」
と叫ぶと見る間に老け込んで老婆に姿を変えていく。
「うわっ、山姥かよっ!?」
ドームの近くで観ていた河童ガードにすがるように、
「もう出しとくれっ! 
このままじゃ凍って…」
と呻(うめ)くように言ったところで山姥は動かなくなった。
『だ、大丈夫なのか?』
「雪っ! もうよいですわ。
セキュリティ! 全員をそこから出してください。
山姥は動けないフリをしてるだけかもしれないので
注意するのですわ!」
音音が指示した通りに、
耐寒装備のセキュリティが、
冷気のせいで真っ白なモヤがかかっているドームの中に入ると、
山姥に近づいて状況を確認する。
「山姥、自発呼吸、脈ありません。
完全に凍結しているようです」
「これでもう一人が母親に決まりですわね」
一件落着な感じが漂う中、
セキュリティの悲鳴にも似た声が、
会場の中に響きわたった。
「もうひとりの女性も凍っています!」
「な、なんですってっ!?」
「ぼ、ボク、
おかあさんを凍らせちゃったの…!?」
それを聞いて半狂乱になった雪が、
その場で倒れこんだ。

つづく
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: