So-net無料ブログ作成

二楽亭へようこそ! 「ふたりの母」その6 [小説]

翌日からさっそく働き始めた雪。
化野(あだしの)総研デザイン部の総力を注ぎ込んで作り上げた専用ユニフォームは、
雪のかわいさを最大限強調するよう計算されていて、
男心をくすぐるのはもちろん、
女性客にもかわいいと好評だ。
来店した客達が写真を撮り、
口コミアプリやつぶやきアプリでながす評判が評判を呼び、
真冬にもかかわらず客足が伸びた結果、
テレビでも取り上げられるようになってきた。
平日でも10分程度並ばないと入れないほどで、
土日などは100人ぐらいが列をなし、
化野の家から酒で釣った河童ガードを配置するほどになっていた。
「連日、大入りで、
笑いが止まらないのですわ。
これから暑さが本格化すれば、
キー局でもかき氷特集が組まれてさらに客足が…」
<かまくら甘味道楽>の事務所で
にんまりとしながら札束の勘定をしていた音音がキザクラに話しかける。
「この行列をただ並ばせておくのも、
もったいないのですわ…。
とはいえ、雪の体力にも限界がありますし…」
数日前、
雪が頑張りすぎた時、
雪質が変化して味が落ちてしまい、
客から指摘されたことがあるので、
音音は雪の体調管理にはことのほか気を使っていた。
しかしあの客をそのままにしておくもの
音音の商人魂が黙っていない。
音音が悩んでウロウロする執務室の扉を
ノックもそこそこに開けた道楽チェーンの社員が、
「音音様、雪の母親を名乗る女性が
雪に会わせて欲しいと名乗りでてまいりました」
と告げた。
「うっ…そうですか」
(思ったより早いですが、
まあいいのですわ…)
「では早速お会いして…」
応接室に移動しようと音音がドアに向かったところで、
ふたりの女がが乱入してきた。
160202i1iro.jpg
「私の子に会わせて!」
「雪は私の子ですっ!」
口々に雪の母親だと主張する女たちは、
ふたごのようにそっくりで、
想定外の事態に音音も一瞬呆然とする。
「な…なにごとですか!?」
「す、すみませんっ。
ふたりとも自分が雪の母親だと言って譲らないんです」
と対応に当たっていた社員が困惑気味に答えた。
「…ふりふたつですわね…。
そうですね…そうしましたら、
雪の手を両側から二人に
引っ張らせてみればわかるはずですわ…」
「そんな、『大岡政談』じゃないんすから…」
見かけは若いが、
雪女だけあって、もしかして年百年も生きてるかもしれず、
<痛がる子供の手を離した方が母である>という
江戸時代の有名判例を知ている可能性もすてきれない…。
瞬時にそう判断したキザクラだが、、
他にいい考えもうかばないので、、
いかにも面倒くさいといった感じで、
「しかしこりゃ、
どうにもわかんないっすねぇ。
--本人に判断してもらうしかないんじゃないですか?」
と言うのを聞いて、
音音がぽんと手を打った。
「それですわ! 
ちょっと用意が必要なので、
5時間ほどお店でお待ちください」
そう言って自称母親ふたりに出て行ってもらうと、
「雪に冷気を掛けられて、
大丈夫な方がお母さんですわ。
鎌倉警察署跡地に特別会場を設営して、
かき氷券付きで興行を打てば、
ぜったい儲かりますわっ!
さっそく手配して頂戴」
とキザクラに指図した。

つづく
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 1

moe

ba42381さん こんにちは。
ご訪問&nice!ありがとうございます♪

makimakiさん こんにちは。
ご訪問&nice!ありがとうございます♪
by moe (2016-02-10 11:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0