So-net無料ブログ作成
検索選択

二楽亭へようこそ! 「ふたりの母」その4 [小説]

第4話

しかし問題の美術室に到着してみると、
すでにそこはも抜けの殻で、
雪女の姿はどこにも見えなかった。
学園上空をどんよりと覆っていた雪雲も消え、
いつの間にか晴れ空に変わっていた。
雪はその日のうちにとけ、
雪女の件はうやむやのうちに終わりを告げた。

その夜、
化野家の地下にある防災司令部の中の一室。
凍りついた室内に、
目隠しに猿轡(さるぐつわ)をされた白装束の少女が
拘束帯の付いた椅子に縛り付けられていた。
「よくやったわキザクラ」
「いや、実際寒くて寒くて…。
お皿の水が凍って、凍傷になるかと思いましたよ」
部屋の中に入ってきた音音とキザクラは、
防寒装備を通り越して、
宇宙服を着込んでいた。
キザクラが目隠しと猿轡を外すと、
少女は正面にいた音音をきっとにらみつけた。
「手荒なことをして悪かったわね。
でも学校であんな豪雪を降らせたら、
幽冥世(かくりよ)へ強制送還
されてしまいますわ」
「え!?」
それを聞いた少女の表情が少し不安な感じなる。
「私は化野音音。鎌倉府弾正台で
No.2の弾正忠(だんじょうのちゅう)をつとめておりますわ。
あなた、お名前は?」
「……ボクは…雪…。
おかあさんを探してるの…」
「雪ちゃんですか…。お父様は?」
「…いない…」
(孤児(みなしご)の妖怪ですか…)
雪女というと、ひとりで出没というイメージが強いので、
独立志向なのかと思っていたらそうでもないのかと
ひとり得心した音音は、
「お母様をお探しでしたら、
私のお店<かまくら甘味道楽>で、
働いてみてはどうでしょう?」
と申し出た。
「え?」
怪訝な顔をする雪に、
さらに音音が続ける。
「私のお店は、
古都鎌倉にあって、雪で作ったかまくらの喫茶店なのですけど、
結構マスコミに取り上げられますの。
そこであなたが働いているわけを話せば、
きっとお母様が見つかるはずですわ」
少し考えた雪は、
椅子から立ち上がると、
「--弾正忠様、
どうかボクを<かまくら甘味道楽>で働かせてください!
お願いします!」
と言いながら頭を下げた。
「よろこんで。
じゃあ、この書類にサインして頂戴。
朝夕の食事付き、大きな露天風呂もある
従業員寮に部屋を用意するから、
そこに住むといいですわ。
それから私のことは、
音音と呼んで欲しいですわ」
と言った音音は、あらかじめ用意しておいた契約書を渡すと、
それにサインするように促した。
160120j1.jpg
つづく
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0