So-net無料ブログ作成
検索選択

河童の徳利 前編 [小説]

「キザクラ、オオゼキ、クボタ! 
出かけるから付いてきなさい」
ふんわりとした髪を、
頭のてっぺんで組みひもで結わえた音音が言い放つと、
後ろも見ずに玄関を出ていく。
150117i1 のコピー.jpg
車寄せに停まっていた黒いリムジンの前に立つと、
どこからともなく3人の黒づくめの男が、
忽然(こつぜん)と現れた。
黒縁セルロイドのサングラスに黒いソフトフェルト帽をかぶり、
細身の黒いタイを締めた黒スーツ姿は、
いかにもボディーガード然としている。
一人がドアを開いて、
音音の頭がドアのフレームに当たらないように手をかざすと
音音が最後部の座席に乗り込んでいく。
ドアを開けていた男は助手席に、
もう二人は音音に向かい合うようにして着席する。
「茅ヶ崎の大曲へ」
「---!!!」
すでに乗り込んで居たドライバーに、
行き先を告げる音音の一言を聞いた黒ずくめ3人が、
声にならない声を上げた。
「あら、どうかした?? 
もしかして、河童のお宝でもあるのかしら?」
3人はダラダラと汗を流しながら、
うつむき加減にお互いアイコンタクトを取っている。
「まさかとは思いますが、
河童の徳利(とっくり)の話をお聞きになったんですかい?」
リーダー格のキザクラがおそるおそる尋ねると、
「よく知ってますわね。
その通りですわ。
少しだけ底に残しておけば、
再びお酒でいっぱいになっているという河童のとっくり。
それを手に入れに行くのですわ」
と事もなげに答えた。

3人にとって主人筋とはいえ、
まだ中学生か高校1年生にしか見えない音音。
なのに、
怪しげな光がともるかのような眼光で周囲の3人を完全に圧倒している。
「しかしありゃ、
随分昔に徳利の底を3回叩かれて、
お酒は打ち止めになっているハズで…」
何百年も前に、
河童を助けてくれた人にお礼として出したという徳利は、
いわくつきの代物だけに、
河童の手元に戻っていた場合、
おいそれとは出してくれないかもしれない。
その場合眷属と事を構えなきゃならないかもしれない…。
そう思うと気が乗らない3人なのだ。
「そんなものはサンプルさえ手に入ればかまわないですわ。
我が化野家の財団ラボで解析できるのですわ。
データが取れれば持ち主に返しても返してもかまわないし」
そういわれて少しほっとする河童たちに満足したように
音音が話し続ける。
「もしそれが私の予想通り空中元素固定装置なら、
なんでも作り出すことができるのですわ!
つまり食材はすべてタダ! 
日本の外食産業は私の”道楽チェーン”の前に跪くことになるのですわっ!」
高笑いする音音を余所に、
何でも作り出せると聞いた3人が目の色を変えた。
「俺だったらやっぱり酒だな」
「いやなんでも出せるんだぜ! 
俺だったら女だ。絶対女を出してもらうっ」
「お前らアホか! そんな凄い装置だったら金だろ。
そしたら酒でも女でも買い放題だせ!」
「おお~~っ!」
それを聞いていた音音が、
「これだから河童は浅はかだというのです。
お金など大量に出したりしたら、
その国のプライマリーバランスが崩れて、
ハイパーインフレになって酷い目に遭いますわ。
マテリアルを出しても、価格の暴落を招きますわ」
と軽蔑仕切ったような目でつきで見ながら言い放った。
「さすが音音お嬢様だ--
難しすぎて何言われたかさっぱりわからん」
「俺もだ」
「異議無し!」
「でも音音さまの言うこと聞いとけば間違いないしな」
「ああ」
「異議無し!」
よく分からないのに納得している風なのは、
これまでに音音に何度か逆らった経験則から、
言うとおりにした方がいいということを学習しているかららしい。
「とにかく! 河童の徳利が欲しいのですわ」
音音はそう言うと、
徳利の特徴を書き込んだ紙を拡げて見せる。
<五郎左衛門の河童徳利  
高さ七寸(約二十一センチ)、
底四寸(約十二センチ)の約三合(約500ml)徳利。
口のところが少しかけているらしい>
「大曲に居るのは、あなた達の眷属なのでしょう? 
現地で聞き込みして、この徳利を見つけてちょうだい! 
見つけ出したモノには<生産者の顔が見えるブランドキュウリ>の
一生食べ放題券を差し上げますわ」
その一言を聞いた3人の目つきが、サングラス越しにも変わるのが分かる。
「お嬢様、到着いたしました」
程なくリムジンが現地に着くと、
3人が徳利を求めて脱兎のごとく掛け去って行った。
   
                    後編に続く
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 1

moe

みなさん こんばんは。
ご訪問&nice! ありがとうございます♪
by moe (2015-01-26 17:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0