So-net無料ブログ作成
検索選択

「二楽亭へようこそ」その32 「瑞葉が来た日」その2 [小説]

その2
東京駅から久里浜駅までを結ぶ横須賀線。
その途中、北鎌倉と鎌倉の間には1カ所トンネルがある。
そのトンネルを抜けた鎌倉寄り、
扇ガ谷(おうぎがやつ)に線路の下をくぐるアンダーパスがあり、
最近、そこで落ち武者の幽霊が出るという噂がたっていた。
「鎌倉府長からの依頼を無碍(むげ)にはできないでしょう? 結繪様」
ここは鎌倉府立西御門(にしみかど)学園。
その敷地内にある武道棟の最上階・武道連合会長室の中。
私の机の前にいるのは生徒会長・宮本鳩(きゅう)太郎。
長髪の貴公子といった感じの彼は、
実際、文武両道に優れた学園のアイドル…と言うのは表向きの話で、
本来の彼は、
鎌倉府の心霊事件の刑事警察権を預かるこの私、
那須野弾正尹(だんじょうのかみ)結繪が率いる十三部集のひとつ、
鳩部(きゅうぶ)を統括する司(つかさ)をしている。
「通称Qちゃん」
「その呼び方はやめてくださいと何度も…
って通称ってなんですか!??」
こんな風に怒ってるけど、
普段の態度から考えると、
Qちゃんって実はドMなんじゃないかと、私は疑ってる。
「そんなこと、稲村ガ崎高校の検非違使(けびいし)にでも
やらせとけばいいでしょ?」
「彼らに霊的捜査なんて出来ないから
弾正府に依頼がきてるんでしょう…」
「でも、実際になんか被害があったわけでもないし…」
「あってからじゃ遅いんです」
鎌倉というのは土地柄、
曰くつきの物件や場所がたくさんある。
ちょっとほじくり返したりすると、いろんなものが出土する。
ちなみに由比ガ浜にある簡易裁判所では、
その建物を建てるときに、900体以上の人骨が出土した。
だから、”出る”という噂の類ならいくらでもある。
でも、扇ゲ谷あたりでは、
今まであまりそんな話を聞いたことがないので、
ちょっと不思議な感じがするのは確か。
「とにかく! ネガティブな噂は観光地鎌倉にとって致命的なので、
すぐさま噂の素を解消してくれと、鎌倉府長よりの依頼です」
「ふ~~ん。で、誰が行くの?」

その3につづく
00.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: