So-net無料ブログ作成

「二楽亭へようこそ」その28 酒虫 その2 [小説]

酒虫 その2

「先日、米カリフォルニア中部の
フレズノという街のチャイナタウンで『地下迷宮』が発見されて、
一騒動ございましたの。
その街は、昔から妖異の噂がたえない場所で、
街の地下には迷宮があり、
そこには妖(あやかし)が住むと言われておりました。
そこで本当に地下迷宮が見つかったので大騒ぎに……。
そして二月ほど前--
ここのお店の地下でも、
封印された地下室が発見されたんですの!」
「じゃあ、この地下にも地下迷宮が?」 
「はい…」
「じゃあ、妖も…」
51r8AbZUL6L__SL500_AA300_.jpg
とたたみかけるようにして聞くと、
「いたのですわっ!!」
と、間髪入れずに答える音音。
「きゃ―――!! こわいです~」
出来るだけおどろおどろしい演出で
私たちを驚かそうとする音音の努力に、
ねえさま方ふたりはキチンとお着き合いして怖がってみせる。
そりゃ、このあとのご飯のスポンサーだからね、音音は。
「で、その妖って、何なのいったい?」
「酒虫ですわ」
「なにそれ?」
「芥川龍之介の小説にもなってますけど、
もとは中国の怪異を記載した本
『聊齋志異(りょうさいしい)』に載っていた伝承ですわ。
水を入れた甕(かめ)の中に酒虫を入れておくと
そのお水が良い酒になるそうなのですが、
これに取り憑かれると大酒飲みになってしまうとか。
昔の大富豪・劉大成がこの酒虫に取り憑かれて、
大酒飲みになってしまい、
それを治すために、
酒虫を体内から追い出すというお話ですわ」
「追い出すって、どうやって?」
「実に簡単なのですわ。
しばらく宿主に酒を断たせて、
そのそばに酒のツボを置けば
酒虫がお酒を求めて、勝手に出て来るのですわ」
「で、ここにその酒虫に憑かれた人がいると?」
「はい」
「でも、これから断酒させるとなると、
随分時間がかかるんじゃ…」
「こんなこともあろうかと、
こちらが一昨日から断酒していただいてるこちらのご主人ですわ」
音音がそう言うと、
奥の部屋の扉を開ける。
そこには、ぐったりした表情のメタボリックなオッサンが
椅子に縛り付けられていた。

酒虫 その3につづく
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

nice! 1

コメント 2

ポルコ

こんにちは。
拝見させていただきました。
応援ポチ。
by ポルコ (2010-04-06 11:28) 

moe

ポルコさん こんばんば。
応援コメント&読んでくださってありがとうございます。
今後はのんびり更新になりますが、また遊びにきてください♪
by moe (2010-04-06 23:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0