So-net無料ブログ作成

「二楽亭へようこそ」その26 [小説]

第7章 その2

ぽかぽかした春の日差しの中、
霊園の隣にある公園では、桜が良い具合に八分咲き。
お墓参りが終わると、
二楽亭の狐耳メイドさんたちが宴会の準備をして待っていて、
そのまま花見宴会へなだれ込んだ。
その席で、鳩部司(きゅうぶのつかさ)兼生徒会長のQちゃん先輩が、
「――結局、成田から<聖釘>を持ち込もうとした男は、
結界に阻まれたのが死因のようです」
と報告すると、
「で、その遺品を受け取ったのが、
ゾルゲだった可能性が高いと…」
と音音が続ける。
「でも、ゾルゲって、
ナチスを装った共産主義者だったのでは…?」
音音がそう問い返すと、
「ダブルスパイどころか、
本当は第二契約者・極東オーソドクス教会の手先、
つまりトリプルスパイだったっていうことです」
静葉ねえさまが解説してくれた。
オーソドクス教会が唯一の主を信奉する宗教団体なのはわかるとして、
ゾルゲや“せいてい”なんていうのはよく分からないんですけど…。
なんて考えてる間も、
難しい言葉が私の上空を飛び交っている。
私、弾正尹なのに、
こんなことでいいのかな? と少し不安に思う。
あやかしたちが結界をはる日本。
本来地の利はこちらにあるはずなのに、
あの連中のパワーに押されている。
頭が足りないなら、
せめてその分体力が有ればいいのに…。
先代の弾正尹だった美沙おばあさまと
三狼の弦一郎おじいさまが、
相撃ちに近い形でシーボルトは封滅したけど、
二対一で、しかも命がけじゃないと倒せない相手なんて……。
そう考えると、
自然と額に皺が出来る。
「結繪ちゃん、元気ないのです…」
私の考えこんでるので、
心配した葛葉ねえさまが声を掛けてくれる。
「げ、元気いっぱいです!」
「そう? 元気ならいいんですけど。
結繪ちゃんが沈んでるとみんな盛り上がららいはら――」
あれ、葛葉ねえさま呂律(ろれつ)が回ってないんですけど…・
と、いうことは…相当出来上がってる!!
「だから、ね?」
というと葛葉ねえさまが言い、
扇を下から仰ぐようにすると…。
ああっ、やだこれ!
この前の宴会のときに変身させられたときと同じ……!!
「貝殻ブラはイヤ―――っ!!」
01.jpg022.jpg
私の恥ずかしさとは反比例するように、
その夜の宴会も、私と葛葉ねえさまによる、
『うにものがたり』のコスプレデュエットで、
大いに盛り上がったのでした…。

第1話 おしまい
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 1

moe

かりん子さん おはようございます。
nice! ありがとうございます。
by moe (2010-03-27 07:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0