So-net無料ブログ作成
検索選択

「二楽亭へようこそ」その24 [小説]

第6章 その4

「ニコライ殿、おしゃべりはその辺で…」
そう言いながら、
ヒュースケンを抱えるようにして結界牢から出て来たのは、
茶筅髷を結った侍姿の外国人だった。
「葛葉どの、お久しゅうござる」
「貴方は…三浦按針――貴方まで出張っているなんて…。
…そこまでディアボロの秘密は重大なのですか…」
そう言った刹那、ふたりを追いかけるようにして、
よろよろと出てきたのは二狼にいさま!
無事だった!
無事でいてくれた!!
「き…貴様の相手は俺だ! こっちを向け!」
六尺の斬馬刀を引きずり、頭と片腕から血を流し、
立っているのもやっとという痛々しい二狼にいさまがそこにいた。
「にいさま、ここは私がっ!」
言いさま、小狐丸の鯉口を切り、構える。
sono2.JPG
「結繪ちゃん! ダメです、
貴女がどうこうできる相手ではないのです!」
葛葉ねえさまの言うことはわかる。
でも今ここで私が引いたら…。
「拙者とて、婦女子を斬るのは気が乗らん。
用件もすんだことだし、今日の所はこれにて御免!」
そう言うと、そこから侵入してきたという穴へ、
ニコライと共に消えていく。
後を追おうとする石田を葛葉ねえさまが引き留める。
「それよりも、けが人の手当を急ぐのです」
そう言うあいだに、穴の中で爆発があり、
岩や土砂が崩落する音が響き渡る。
その音で、はっと我に返った私は、
慌てて二狼にいさまのそばに駆け寄ろうとするが、
その間に二狼にいさまが床へと崩れおちる。
「にいさまっ! しっかりしてください!!」
「二狼さん!」
「…葛葉様、
やはり、三狼の方が資質は上のようです。
結繪様、これを三狼に――」

そう言うと六尺斬馬刀を私に渡し、
目を瞑(つぶ)り、苦しそうに喘(あえ)いだ。
葛葉ねえさまの足下が光り、
方陣が浮きだし、癒しの呪文が詠唱される。
でも、二狼にいさまの傷はなかなかふさがらない。
しばらくじりじりとした時間がながれ――、
やっと傷が少しふさがって来た! 
そう思った瞬間、
二狼にいさまの身体は筋肉が盛り上がって…。
これってにいさまも!?
「うそ……」
「ディアボロ!? 
按針の刀にウィルスを塗布(とふ)していたに違いありません。
こ、これでは……」
葛葉ねえさまが呻くように呟いた……。
「そ、そんな、二狼にいさま! 
イヤです! にいさまっ!!」
私の悲鳴が地下室にむなしく吸い込まれる…。

第7章につづく
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: