So-net無料ブログ作成
検索選択

「二楽亭へようこそ」その7 [小説]

第3章 その1

『――当機はまもなく小笠原上空にさしかかります。
成田への到着時刻は――』
そのアナウンスの最中に、
突然、乗客のひとりが苦しみ始め、
CAや、たまたま乗り合わせた
医師による手当もむなしく絶命した。
医師による所見は心臓発作。
成田到着後、
空港検疫所で警視庁係官立ち会いのもとで検視を受け、
翌日、東京都監察医務院で行政解剖が行われた。
遺体と遺品は、
名乗り出てきた遺族に引き取られることになっている。
死亡した男はロシア人で、
名はレフチェンコ・スミルノフ。
遺品には、通常の着替えなどのほか、
古びた釘が1本、
クッションのしかれた箱に大切に保管されていた。
不思議に思った係官が、
受け取りに来た遺族のロシア人であろう人物に、
「立ち入ったことでなんですが、
その古い釘はなんですか?」
と訪ねたところ、
「<聖釘(せいてい)>…、
ああ、いや、思い出の釘なのですよ」
といらえがあった――。

日のあるうちは風情がある鎌倉の裏路地も
夜になると物寂しい。
特に山のきわとか、谷戸のあたりとか、
人通りの少ない場所だとちょっと不気味だ。
山の斜面にある”やぐら”など、
鎌倉時代の横穴式のお墓も点在していて、
なにか怪異に出くわしそうな雰囲気の場所も結構ある。
実際、馴れてない人や子供だと、
あやかしに行き会ったり、
狢、狸たちに化かされたりすることもある。
驚いて怪我したりという話も
ときおり聞こえてくる。
それに加えて、
最近は『鬼』まで出るようになっていた--。

私のウチに続く路は、
途中からは車も通れないような細い路地になる。
そこを、同級生の三狼と歩いている。
いつもは寮暮らしなんだけど、
ちょっと取ってきたいモノがあって
家に帰ることにしたら、
護衛代わりに連れていけと、
三狼を付けられた。
もともと家が隣同士なので、
寮に入る前は学校の行き帰りは
ふたりいっしょなことが多かったのを
なんとなく懐かしく思い出す。
子供の頃ふたりで、
夕方暗くなった路地を、
ぽつんぽつんとある街灯の明かりをたどるようにして
急いで帰ったなぁ…。
私の家は、
北鎌倉から小袋谷を通り
山崎の奥、鎌倉中央公園の先にある。
高校生になった今でも、
夜になると人通りがほとんど無くなるこの道は
かなり寂しい感じがする。
(お腹空いた~、早く帰っておかあさんのご飯食べたい~)
そんな私のささやかな希望を邪魔するように、
<びちゃ…ぐちゃ……>
という、何とも言えない下品な感じのする音が、
横手の私道の奥、
玄関灯も点けずに闇がわだかまっている場所から
かすかに聞こえてくる。
普通の人なら気がつかない程度の音だけど、
これ、たぶん『鬼』たちの咀嚼(そしゃく)音……。
何を食べてるか知らないけど、
いつ聞いても、あいつらの品のない食べ方は
耳障りなのですぐ分かる。
理性も品性も感じられないんだもん――。
音のするほうをうかがうために、
カバンから鏡を取り出す。
それを塀の角から少しだけ覗かせて、様子を探る。
141004i1 のコピー.jpg
(イラスト ムシ長者さん)
あー、やっぱいた…。


第3章 その2につづく
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 2

K-STYLE

こんばんにゃ(・◇・)/
新章なのです~(゜◇゜*)おお~
はじまりから、なにやらドキドキの予感・・・
聖なる釘とか、キーワードもかっこいいにゃ~
by K-STYLE (2010-09-03 21:04) 

moe

K-STYLEさん おはようございます。
nice! &コメントありがとうございます♪
ココからが第一章の本編なのです。
楽しんでもらえると嬉しいのです。
気になったところとかの指摘も大歓迎なのです。
by moe (2010-09-04 07:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2