So-net無料ブログ作成

「ニ楽亭へようこそ」その2 [小説]

鎌倉の海沿いは、
東西に湘南海岸道路が走っている。
その道を西の稲村ヶ崎から東の由比ヶ浜に向かって、
金髪碧眼の大男が悠然と歩いている。
その前に立ちはだかったのは、
どう見ても女子高生と巫女という風情の、
ふたりの女性だった。
「これはこれは、
西御門(にしみかど)弾正府を統べる
弾正尹(たんじょうのかみ)
化野(あだしの)美沙どの。
ご機嫌よろしゅう。
葛葉どのも、いい加減良いお歳でしょうが、
相変わらず見目麗しい。
このアレクサンダー・フォン・シーボルトの血も騒ぎますぞ」
「淑女に年齢の話をなさるとは、
とても紳士の所業とは思えないのです!」
葛葉と呼ばれた女性が憤慨した様子でいなす。
巫女服に身を包んだ彼女の頭部には、
まるで狐のような、
先端が白く、
その他の部分が茶色地の、
けものの耳が生えている。
そして、耳と同じような色合いで、
五つに分かれている、
こちらもまるで狐の尾のような、
りっぱなしっぽも生えていて、
左右にゆっくりと揺れている。
51QJ2SKK7XL__SL500_AA240_.jpg
『良い歳』と言われていた彼女だが、
せいぜい20歳ぐらいにしかみえない。
その隣にいるさらに歳若な、美沙と呼ばれた、
ショートカットにセーラー服の少女が、
ため息混じりにつぶやく。
「まったく、懲りない連中だね。
この前この国に、
おまえの父親がちょっかいけかてから何年たつんだ?
もう120年か…。
あんときゃ、将軍(だんな)が上手いことあしらって、
なにもかも不問にしてやったっていうのにさ。
いい加減、あきらめてもよさそうなものを…」
「ご冗談を。我ら貴族信徒は、
主の為であれば、
喜んで命を投げ出しますぞ。
もちろん平民とて同様」
シーボルトが、パチッと指を鳴らすと、
彼の影の中から、
無数の影がわき出してくる。
「外務卿・井上 馨(かおる)殿の特別秘書を足がかりに、
この極東の地にて、
我が教団の礎にならんと志して、百数十年。
そろそろ我が肉体にも限界を感じましてな。
一族を引き連れて、
弾正尹どのに挨拶にまかりこしましたしだいです」
「第3契約者との折り合いが悪いからって、
この日ノ本を世界制覇の足がかりにしようったって
そうはいかないんだよっ!!!」
美しい少女の面影からは
想像もつかない荒々しい言葉が、
美沙の口をついて出る。
それを聞いたシーボルトがニヤリとしながら話し始める。
「あなたを守護する金狐・葛葉殿とて、
いにしえの<傾国>の末裔(まつえい)。
人の味を一度覚えたら最後、
我らに同心してくださるのは…」
そこへ、すさまじいスピードで黒い影が飛来したかと思うと、
シーボルトの配下を打ち倒していく。
「美沙様、葛葉様! 遅参いたしました! 
三峯弦一狼、ただ今推参!!」
そう叫んだのは学生服を着た小柄な青年。
彼は自分の背丈よりも長い日本刀
=六尺斬馬刀を軽々と振り回しながら、
敵を切り刻んでいく。
「お、おのれっ!! 狼風情が邪魔だてするかっ!!!」
部下を打ち倒され、シーボルトがうめく。
「ご苦労さまです~」
「弦一狼、ぬかるんじゃないよ!」
「承知!」
三人は声を掛け合うと、
シーボルトを目指して突進し、そして辺りは光に包まれ――。

第1章終わり
その3(第2章 その1)につづきます♪
nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(2) 
共通テーマ:キャラクター

nice! 3

コメント 3

moe

ゆきじさん こんばんは♪
nice! ありがとうございます。
by moe (2010-03-10 21:54) 

moe

CANDyさん こんばんは♪
nice! ありがとうございます。
by moe (2010-04-29 22:37) 

moe

K-STYLEさん こんにちは♪
nice! ありがとうございました。
by moe (2010-08-26 14:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2